管理栄養士について

こんにちは、管理栄養士の尾上です。

今回はわたしも持つ国家資格、「管理栄養士」についてお話していきたいと思います!

最近ではTVや雑誌などメディアでも取り上げられ、わたしが学生時代の頃よりも、少しずつ認知度が高まってきたように思います。

今回は「管理栄養士」について、わたし自身の経験も踏まえながら解説していきたいと思います。

管理栄養士ってどんな職業?

管理栄養士とは専門的な知識と技術を持って、ひとりひとりに合わせた栄養指導や栄養管理、給食管理などを行うことができる国家資格のひとつ。

すべての年齢、ライフステージ別に、個人または集団へ向けて、食事や栄養についての様々なアドバイスを行います。

病院や学校などの給食施設の献立を立てたり、人々の健康を食事と栄養の面からサポートすることが管理栄養士のお仕事です。

管理栄養士を目指すには?

管理栄養士になる方法は2種類あります。

管理栄養士養成施設 大学(4年制)

管理栄養士の養成校である4年生の大学に入学します。

大学卒業時に栄養士の資格が取れるので、卒業時に国家試験に臨んで管理栄養士を目指します。

管理栄養士の養成校は限られてるので、管理栄養士を目指すなら高校生のうちに将来設計をしておくと良いと思います。

栄養士養成施設 短大・専門学校と実務経験

栄養士の養成校である短期大学や専門学校に入学します。

就職後、実務経験を経て、管理栄養士国家試験の受験資格を取得するという方法です。

短大卒の栄養士ですと2年の実務経験を積むと国家試験の受験資格が得られます。

まとめ

わたし自身、管理栄養士になってからも、食事の摂取基準なども年々変わっていくので、栄養の情報だけでもついていくのに精一杯な毎日です。

ですが、大変な反面、とてもやりがいのある職業だとも思うので、この記事以降も管理栄養士のお仕事について解説していけたらいいなと思います。

今回は「管理栄養士」について解説しました。