管理栄養士について|活躍できる場所

こんにちは、管理栄養士の尾上です。

前回の記事では管理栄養士がどんな職業なのか、資格の取得方法等について解説しました。
今回は管理栄養士が実際に活躍している職場や、管理栄養士がどんな人に向いているかを取り上げたいと思います。

今回は「管理栄養士が活躍できる場所」について解説していきたいと思います。

管理栄養士ってどんな職業?

前回までの記事でも管理栄養士について解説してきました。

管理栄養士とは専門的な知識と技術を持って、ひとりひとりに合わせた栄養指導や栄養管理、給食管理などを行うことができる国家資格のひとつ。

すべての年齢、ライフステージ別に、個人または集団へ向けて、食事や栄養についての様々なアドバイスを行います。

病院や学校などの給食施設の献立を立てたり、人々の健康を食事と栄養の面からサポートするのが管理栄養士です。

詳しくは前記事もご参照ください。

管理栄養士が活躍できる場所

管理栄養士の主な就職先は多岐に渡ります。

「食べること」はわたしたちが生きていくためには欠かせません。

その「食」についてのお仕事には様々なかたちがあり、年々管理栄養士に求められるレベルも高くなってきている印象です。

では、管理栄養士は具体的にどのうような場所で活躍できるのでしょうか。

病院、クリニックなどの医療機関

病院やクリニックなどの医療機関で働く管理栄養士は、患者様ひとりひとりの病状に合わせた栄養管理を行います。
病気の改善、再発防止のため、食の面から患者様に関わるお仕事です。
医師や看護師、薬剤師等、多職種と連携を図りながら、必要に応じて栄養指導も行います。
チーム医療(NST)に参加することもあり、高度な臨床栄養の知識も必要になります。
医師や看護師のように、患者様に直接医療を施すわけではありませんが、食事は入院生活のほとんどを占めるもの。
娯楽が少ない病院の中で、患者様にとっては唯一の楽しみと言っても言い過ぎではありません。
患者様の病態を改善しながら、喜んでいただけるような食事提供の工夫をすることも大切です。

老人ホーム、老人保健施設などの福祉施設

老人ホームや老人保健施設などの福祉施設で働く管理栄養士は、施設入居者様、主に高齢者への栄養管理を行います。
加齢や病気によって、食べる力が弱っている方でも食べやすい献立を考える必要があります。
ひとりひとりの状態に合わせて、食材を細かく刻んだり、流動食にしたりと、食事の形態も工夫することが大切です。
入居者様や利用者様の状態を把握し、福祉施設のスタッフと連携しながら栄養管理を行うのが管理栄養士の仕事になります。

保育園、小中学校などの教育機関

保育園、小中学校で働く管理栄養士は、給食の献立作成や食材発注などに携わります。
コストや栄養面だけでなく、季節や学校行事などにも考慮しながら献立作成をしていきます。
園児、児童への栄養指導もあり、給食の残量を確認しながら必要に応じて指導を行います。
成長期の子どもの栄養を考えながら、給食を運営していくことが管理栄養士の仕事になります。

食品メーカーなどの一般企業

食品メーカーなどの一般企業で働く管理栄養士は、商品の企画や研究開発などが主な仕事です。
食や栄養の知識を活かして、様々な仕事に取り組めます。
施設の管理栄養士とは違って、企業ごとで仕事内容も違い、いろんなお仕事のかたちがあります。
企業が管理栄養士を雇用することは、わたしが新卒の時代は都会だけの話でしたが、今では管理栄養士の認知度も高まり、地方でもいろんな求人が出ているように思います。

まとめ

このように、管理栄養士は活躍する場が多く、それだけ「食べること」は大切なことだということが分かります。
この記事を通して、少しでも栄養や食事、管理栄養士について興味を持ってくれる人が増えればうれしいです。

今回は「管理栄養士が活躍できる場所」について解説しました。

Instagramはじめました!フォローお願いします(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。