管理栄養士について|栄養士との違い

こんにちは、管理栄養士の尾上です。

これまでの記事で管理栄養士についてお話してきました。
今回は「管理栄養士」と「栄養士」の違い、資格や仕事内容について取り上げたいと思います。

今回は「管理栄養士と栄養士の違い」について解説していきたいと思います。

管理栄養士、栄養士の定義について

管理栄養士について、詳しくは前回の記事をご参照ください。

管理栄養士や栄養士に関することを定めている法律が存在します。
これを栄養士法といいます。

栄養士法では、栄養士のことを次のように定義しています。
「栄養士免許を取得し、栄養士の名称を用いて、栄養の指導に従事する人」

栄養士法では、管理栄養士のことを次のように定義しています。
「管理栄養士の資格を取得し、管理栄養士の名称を用いて、栄養の指導に従事する人」

管理栄養士も栄養士も定義は同じですね。
どちらの資格も食と栄養のスペシャリストであるということは変わりません。

では、管理栄養士と栄養士にどんな違いがあるのかを見ていきましょう。

管理栄養士、栄養士の違いについて

管理栄養士と栄養士は大きな違いが2つあります。

試験制度の違い

管理栄養士と栄養士の最も大きな違いは、試験制度です。

栄養士は、大学・専門学校・短大等の養成校で学び、卒業をすれば資格を取得することができます。
そのため、栄養士の資格には国家試験がありません。

管理栄養士は養成校である大学に通うか、又は短大卒業後、実務経験を積んだ上で国家試験に合格すると、管理栄養士の資格を取得することができます。

また、栄養士は都道府県から免許を受け取りますが、管理栄養士は国家試験を受けますので、免許は国からもらうことになります。
管理栄養士は免許取得後、国の管理栄養士名簿にも登録されます。

仕事内容の違い

管理栄養士と栄養士の違いは、仕事内容にもあります。

栄養士は基本的に、健康な人を対象にした栄養指導や給食管理を行います。
管理栄養士は健康な人に加えて、病気の方のの栄養指導・給食管理を行うことができます。

施設には、必ず管理栄養士を置かなければいけない場所もあります。
栄養士は特に必置義務がないため、ここも大きな違いですね。
例を挙げますと、「医療機関」で 「継続的に1回300食以上又は1日750食以上の食事を供給する」施設には必ず管理栄養士を配置しなくてはいけません。
その他の施設も、条件によっては管理栄養士を置かなければならなくなる場合があります。

まとめ

管理栄養士は栄養士よりもより専門性が高く、管理栄養士でないとできない職務も発生してきます。
ですが、どちらも食に関する大切な資格です。

今回は「管理栄養士と栄養士の違い」について解説しました。

Instagramはじめました!フォローお願いします(^^)